ニューボーンフォトはいつまでに撮るべき?生まれたての新生児の写真を残そう!

公開日: 2023/12/15
ニューボーン

生まれたての赤ちゃんのかわいらしさを残したいと考える両親にとって、ニューボーンフォトは特別感がある写真です。しかし、赤ちゃんの成長は早く、そのかわいらしい姿はあっという間に変わってしまいます。この記事では、ニューボーンフォトはいつまでに撮るべきか、撮影に適したタイミングを紹介するので参考にしてください。

ニューボーンフォトを撮影するメリット

ニューボーンフォトとは、新生児期に撮影する赤ちゃんの写真です。ニューボーンフォトの由来は欧米にあり、赤ちゃんの写真で出産報告をする文化から来ています。新生児期という短い貴重な時間を切り取るために広まりました。

日本では2015年ごろから始まったとされており、しだいに定着してきています。ニューボーンフォトの最大のメリットは、一瞬で過ぎ去る新生児期を美しい写真として残せることです。また、ニューボーンフォトは、両親を勇気づける一枚になります。

子育ては厳しい戦いであり、多くの身体的負担とストレスに悩まされることもあります。赤ちゃんの無垢な姿や笑顔は、両親に生まれてきてくれた感謝の気持ちを再び思い起こさせるきっかけとなり、子育ての喜びと成長を感じられるでしょう。

生まれたての新生児のかわいらしさを写真に残すことで、家族の宝物となる、すてきな思い出が生まれます。特別な瞬間を美しく切り取るニューボーンフォトは、両親にとって永遠の宝物となることでしょう。

ニューボーンフォト撮影のベストタイミング

ニューボーンフォトは新生児期の写真のため、生後0日から28日目までに撮影するのが一般的です。しかし、この間であればいつでもいいのかというとそうではありません。赤ちゃんの成長は驚くほど早く、生まれてすぐと28日目では、顔つきは大きく異なります。

したがって、ニューボーンフォトらしい写真を撮影するには、新生児期の早いうちがよいでしょう。さらに、生まれてから時間が経過すると、お腹の中にいたときの特別な姿勢をだんだんとらなくなります。

よって、新生児らしい写真を撮影するタイミングは、生後21日目までに済ませるのが理想です。以上のように、さまざまな理由からニューボーンフォトを撮影するベストタイミングが存在します。

生まれてから21日目までであれば、生まれたてのかわいらしさと新生児らしい顔や姿勢を、美しい写真に収められます。一生の思い出となるニューボーンフォトを撮影するために、タイミングを逃さないように撮影を心掛けてみてください。

ニューボーンフォトを撮影するときのポイント

ニューボーンフォトの撮影には、注意しなければならないポイントがあります。まず、プロのカメラマンに依頼する場合は、出張撮影してもらうことが重要です。新生児期の赤ちゃんは、首が据わっておらず、体温調節もまだ難しいなど、非常に気を使う存在です。

したがって、スタジオなどへの移動はリスクをともなうため、自宅に出張してもらったほうがいいでしょう。ニューボーンフォトに関する豊富な知識と経験を持つカメラマンに依頼することをおすすめします。

また、ニューボーンフォトは自分たちで撮影するセルフ撮影も可能です。しかし、セルフ撮影の際には、赤ちゃんの安全を最優先に考えた行動をとることが大切です。写真を取るからには何かしらのポーズを取らせたいと考える両親も多いことと思います。

しかし、骨格がまだ頑丈ではない新生児に無理なポーズをとらせたい場合、体への負担につながる恐れがあるため避けましょう。とくに、うつ伏せはリスクが非常に高い行動ですので、絶対に避けましょう。

さらに、ニューボーンフォトの撮影時には、母親の身体的・精神的負担も考慮すべきです。ニューボーンフォトが撮影できる期間は非常に短く、同時に産後直後であるため、母親への負担が大きい時期です。過度な負担になるようであれば、無理をせず撮影を中止することも検討しましょう。健康な母親が、リラックスして撮影に臨めることが、すてきなニューボーンフォトを撮影する絶対条件です。

ニューボーンフォトは特別な時期だけ撮影できる特別感のある写真ですが、何より大事なのは子どもと母親の健康です。何が何でも撮影しなければならないわけではありません。母親へのケアを最優先に心掛け、プロのカメラマンによる出張撮影や、慎重なセルフ撮影により、生まれたての新生児のかわいらしい姿を美しい写真に収めましょう。

まとめ

ニューボーンフォトは、赤ちゃんの写真で出産報告をする文化に由来をもつ、生まれたての新生児のかわいらしい姿の写真です。一般的な撮影時期は生後0日から28日目までですが、その期間内でも顔つきや表情が大きく変わります。

ニューボーンらしい姿をより美しく切り取るためには、生後21日目までに撮影するのがベストな時期とされています。出産直後である母親の体調を真っ先に考えたうえで、プロのカメラマンに依頼すること、セルフ撮影では安全を最優先に考えて撮影することが重要です。

貴重な機会を逃さないようにポイントを押さえ、ニューボーンフォトを撮影しましょう。

【大阪】おすすめのマタニティフォトスタジオ7選!比較表

イメージ
スタジオ名STUDIO6(スタジオ6)HAPISTA(ハピスタ)HONEY&CRUNCH(ハニーアンドクランチ)STUDIO CARATT(スタジオキャラット)Life Studio(ライフスタジオ)名もないフォトスタジオStudioCoffret(フォトスタジオコフレ)
特徴プライベートな貸切空間でゆったりと時間をかけて撮影できる!手持ちのカメラで自然な表情を撮影!小物の持ち込みが自由!1万5,000組以上の撮影実績がある!完全プライベート空間で撮影が行える!パートナーや兄弟と楽しみながら撮影できる!高品質のマタニティドレスを用意!人生の大切な1ページをリラックスしながら撮影できる!インテリアがおしゃれ!人生の大切な1ページをリラックスしながら撮影できる!インテリアがおしゃれ!女性スタッフが中心のプライベートな空間で撮影できる!分かりやすいプラン設定!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事